雪遊び 
雪すごかったですね。

連日の雪かきで筋肉痛が激しいです。
手にはまめができて料理中などしみて痛いです。


8日正午頃


雪が積もり始めた頃に作った沢山の雪だるま。
まだすごく積もる前だったので集めてせっせと。

次に遊びに来た人が沢山あることに何らかのリアクションをしてくれたら嬉しい(ラッキー)なと思い。

そうこうしていると知らない方だったけれど子どもと遊びに来て、
「わぁ!!なにこれ!!!」
と、雪だるまを見てびっくりしてくれました^^
あはは。ラッキー^^



9日の朝
2月9日大雪

もうそれはびっくりするくらいの大雪でした。

朝8時半からの外遊び。
Mちゃん、その妹達とかまくら作りなどの雪遊び。
手袋、スノーブーツはあったけれど、スノーズボンがなくてズボンは着替えながら。

子ども達が遊んでいる間は大人はひたすら雪かき。
汗だくで頑張りました。

この後夕方4時過ぎまで外で過ごしました。
かまくらも沢山作りました。
スペースが限られているためどのかまくらもお一人様サイズ。

まだまだ遊びたいようでしたが最後はお兄ちゃん達に泣かされて泣きながら帰ってきました。
私は一足先にご飯支度で家に入っていました。
よそのお母さんが見ていたら、集中攻撃で息子に雪玉を投げていたとのこと。
あ~私が見ていたら「自分より小さい子を泣かすなんてっ!!!」って怒ってやったのに!ったく。

月曜日は登校時間も遅くのスタート。
ちょうど交通当番でした。
いやな予感がしてスコップ持参で行ったらば予感的中。
通学路が何も雪かきされていなくて慌てました。
私はいつもなんだけれど、学校に一番近い場所で旗当番しています。
なのでその辺りをせっせと雪かき。

一人の女の子が「ありがとうございます。がんばってください」って。
これがものすごく嬉しくて!!
「ありがとね。おばちゃん今のですごくやるき出た!みんなが転ばないようにがんばるね!!」
ちなみに息子も私のそばを通過する時に「お母さんがんばってね!」って。
「うん、うん、がんばるよ!」嬉しいですね。

そのうち先生一人が来て「お母さんすみません」って。
いえいえいえ!息子のため(笑)みんなの為ですから!!

その後は家に戻らず何人かのお母さん達と通学路の雪かきを。
一人では無理って思っていたけれど優しいお母さん達に感謝です。

体が痛い!手も震える。


今息子は40度の発熱。
あ~こりゃインフルだ。

真っ赤な顔してうなっています。

熱ってさ?どんなに高くても40度前後ですよね?
予防注射していても40度って。
打たないからって43度とか45度なんて見たことも聞いたこともないしね。
体温計で40っていう数字を見るとドキッとします。
その後39.8度になると、息子が見間違えてすごい驚いていたからどうしたのかと思うと
「49度かと思った!!!」って。
だめだこりゃ。

私の喉の痛みは気のせいでありますように☆

24色 
PB180157.jpg


「色鉛筆の金と銀と紫が欲しい」と息子が言うもんだから。

今まで家にあった12色より多い24色の色鉛筆を購入。

私も昔24色の色鉛筆を買って貰った時はすごく嬉しかった記憶が残っています。

「本当に金と銀があるんだね!」と大喜びの息子。

何を描くのでしょうね♪



かぼちゃのやつ 
10月の終わりのかぼちゃのイベント。

学校から帰ってきた息子とクッキーを作り急いで焼いて袋詰め。

お向かいに住むお友達などに配ってきました。

ハロウィン2

ハロウィン


顔のシールは気にいった様子。

でもね、剥がすのが大変でした。
(クレンジングオイルで・・・て書いてあったけれど)

食事中 
夕飯中

ごはんもおかずももりもり食べます。
ごはんはおかわりして2杯食べることも増えてきました。

昨年着ていた服や今年の春に着ていた服がピッチピチ。
あれ?たしか春には袖を折っていたよね?的な服もぴったりに。

あ~~私の背を通り越すのもすぐそこだ!

7歳に 
6月19日に7歳になりました。

P6190496 - コピー

今年もまた夫のいない2人だけの誕生日になりました。

ケーキのローソクは3本しか立たないような小さなケーキ。
それでも息子は喜んでくれました♪

毎日元気に学校に通う息子。
家ではまだまだ甘えん坊な面も多いけれど、学校では先生に色々な面で注意を受けることも多いようです。
学校が楽し過ぎて周りの様子が見えなくなっているようです。
しっかり出来る子なのに周りに流されやすい子・・・だそうです。
これは7月22日の2者面談で言われたことです。

ん~2学期からはどんな風になるのだろうか!?

悪いことばかり目についてしまいそこばかりを息子にも言いがちになってしまうのですが
面談では自主学習を良く頑張っていること、文字が上手になったことなど褒めてもらえる部分もありました。
そこをもっともっと私も褒めてあげなきゃね。